エグゼクティブコーチングとコンサルティングの違いどちらが効果的?

コーチングの定義を調べられても、まだまだ分かりにくいと思います。

一般的には、

「コーチングとは自発的行動を促進するコミュニケーションスキルの事です」

と言ったような漠然とした分かりにくい定義が多いかと思います。

そこで私は以下のように定義しています。

一言で言えば・・

クライアンが気付いていない「(無限の)可能性」を引き出すことです。

またコーチングとコンサルティングの大きな違いは、

「答えを与えるか、引き出すか」です。

コンサルティング「答えを与える」支援です。

それに対して

コーチングは「答えを引き出す」支援です。

もう少しわかりやすく言えば、以下のよう言えるかと思います。

コーチングとは、

「クライアント(経営者)の潜在能力に働きかけ、その思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通し、クライアントが自身が持っているが(気付いている場合と気付いていない場合がある)
能力やスキル及び可能性を最大化させるようと、コーチとクライアントのパートナーそして信頼関係を築くことで、クライアントの目標や目的に向かってクライアント(経営者)と共に目標や目的の達成までを対話で支援する事」
ということになります。

私がかつて経営コンサルタントをしていた頃に、
クライアントの経営者にこんなこと言われたことがあります。

「あなたの言われている経営に関する戦略ややらなければならない事は正しい。正論だと思います。
でも私はやりたくない。だからあなたに言われてもやらない 」

当時の私は若かったので、
こんな若造に言われてやりたくないというプライドで言われたのかと思っていましたが、
コーチングのスキルを学ぶとそうではないということが分かりました。

なぜなら当時経営コンサルタントをしていた私は、その経営者の事を何も解っていなかったのです。
例えば、

その経営者の持っている能力およびスキル、苦手なこと、過去のトラウマ等からやりたくないこと
そういった事を何も知らずに机上の勉強で得た知識だけ
経営者の方々に経営のやり方や戦略などについて指導をしていたのです。

例えば、製造業の社長などは元々物づくりや機械いじりが好きで、
人とのコミュニケーションが苦手な方も多々いるのですが、
そのような経営者や社長に理想的な営業戦略や営業のやり方指導していたわけです。

そのようなコミニュケーションの苦手な経営者に対して
どんなに理想論的な営業戦略は営業のやり方を指導しても
その社長はおそらく心の中で

「私にはそんな事はできない。無理だ」
といったようなことを感じており、
その結果として、
前述のような私の指導に対して否定的な言動が出てきたのだろうと今から思えば感じているのです。

コーチングはコンサルティングとは全く違うアプローチ

コーチングでは全く違うアプローチをします。

クライアントである経営者に対してその経営者がまず何ができるのか、
何がしたいのかということについて切り出すために信頼関係を構築することに専念します。
その結果、クライアントであるその経営者にとって最も適し、
且つやりたいと感じていただけるような営業つまり売り方について

クライアントである経営者と共に一緒に考えていくというスタイルになるのです。

そのようにして出てきた営業の仕方つまり降り方についてはクライアントである経営者が実施可能になります。
しかもやりたいと思わせるようなやり方なので、頑張ってやろうというモチベーションが上がるわけです。

かつて若い頃、経営コンサルタントをしていた私にはそのような視点が全く抜けて落ちていたのです。

つまり、コーチングとは前述にも書きましたが以下のようなことになります

「クライアントが自身が持っているが(気付いている場合と気付いていない場合がある)能力やスキル及び可能性を
最大化させるようとコーチとクライアントのパートナーそして信頼関係を築くことで、
クライアントの目標や目的に向かってクライアントと共に目標や目的の達成までを対話で支援する事」